<td id="sk59b"></td>

<big id="sk59b"><strike id="sk59b"><ol id="sk59b"></ol></strike></big>
    1. 三共製作所は、位置決め、材料送り、マシンツールなど動きの制御技術とそれらを支える分析、解析、ソフトウェア技術など多くのノウハウを蓄積、そしてこれらの技術は三共製品として自動車産業、航空、醫療、食品、工作機械など多様な産業の生産システムおよび生産ラインに組み込まれています。

      特許

      三共製作所の歴史とともに育まれた研究?開発による豊富なノウハウの蓄積から數多くの特許を取得しています。
      そして特許による市場の競爭優位の確立を構築し、お客様に他にはない価値ある製品を提供しつづけています。

      開発事例

      • シュリンクトンネル

        1970年(昭和45年)

        あらかじめ熱収縮性プラスチックフィルムで包まれた被包裝物を加熱して、その形狀に密著させるための熱源を入れたコンベア裝置。

      • サンデックス Dシリーズ(シャフト仕様)

        1973年(昭和48年)

        ローラギヤカム機構を用いたFA用の回転位置決め裝置。入力軸に設けられたスクリュー形狀のローラギヤカムと出力軸に放射狀に配置された複數のローラフォロアとの噛合いにより動力を伝達する回転系位置決め裝置を日本で初めて開発。獨自の予圧機構によりバックラッシを除去し、転がり伝達構造のため、磨耗による精度劣化がない高い伝達効率を実現。

      • トルクリミッタ TSシリーズ

        1975年(昭和50年)

        機械裝置に何らかの原因によって設計値以上の過大なトルクが作用したとき、このトルクの伝達を遮斷することにより高価な機械を保護し、人身災害を防止する過負荷保護裝置。

      • アンプル検査機

        1980年(昭和55年)

        アンプルの內容液中に混入した不溶性異物を検知する異物検査機能と容器の外観異常を検知する外観検査機能(オプション)を有する検査裝置。

      • バリアックス V60Aシリーズ

        1983年(昭和58年)

        ローラギヤカム機構を用いたプレス材料送り裝置。扇形のロールで材料を挾みながら押し出すことにより、材料を高速?ハイパワーに送る。

      • 円テーブル Dシリーズ(カムトロン)

        1987年(昭和62年)

        ローラドライブの入力軸にダイレクトドライブモータを直結しコンパクト化した円テーブル。バックラッシの無いスムーズな回転位置決めと、クランプレス加工で非切削時間を大幅に短縮。

      • ローラドライブ RAシリーズ

        2005年(平成17年)

        サーボモータを機械的に減速し、強大なトルク、剛性、安定性を得ると同時に、獨自の予圧機構によるゼロバックラッシ化により、入力制御指令に忠実な出力動作を得ることが可能。転がり伝達による高効率、磨耗レスの実現と入出力軸の直交レイアウトによる薄型コンパクトな形狀と大口徑中空穴を備えた高性能回転位置決め裝置。

      • 製缶ライン

        2006年(平成18年)

        ディスタッカーからシート材をシートフィーダに供給し、グリッパで両端2箇所をつかんでプレスに供給する。高速?高精度な材料送りで連続生産が可能(継ぎ目による空打ちが無い)。
        金型にあわせてグリッパの位置を最適に調整可能(カム式油圧)。

      • ガラス搬送ロボット

        2008年(平成20年)

        ロボットの関節にローラドライブを用いることで、獨自の予圧機構によるゼロバックラッシ化により、入力制御指令に忠実な出力動作を得ることが可能。

      • 溶接ポジショナ

        2013年(平成25年)

        自動車部品をはじめ、様々なワークを対象としたターンテーブル式の溶接ポジショナ。
        RWシリーズの採用で一般的なポジショナの約2倍の速さで回転位置決めが可能。
        最小ロボット臺數でシステムが構築できる。
        裝置に必要な各種治具をオプション化している。

      • ライナーユニット CSシリーズ

        2013年(平成25年)

        ローラギヤカム機構を応用した高速?ハイパワーな直進駆動裝置。他の機器で対応が困難なロングストロークもレールを連結するだけで容易に可能。駆動レールとサーボモータを平行に配置しているので、省スペース化を実現。用途はロボット走行、ガントリーローダ、搬送機械など。

      • 大型チルトテーブル

        2015年(平成27年)

        傾斜軸2軸駆動の大型でハイパワーな傾斜円テーブル(回転テーブル徑Φ1000mm)。

      特許技術

      遊星ローラー式回転伝達裝置 (特許 1372216)
      板材送り裝置 (特許 2055407)
      カム裝置及びこれを用いた工具交換裝置の件 (特許 4991625)
      切削加工ユニット、及び、工作機械 (特許 4446003)
      クランプ裝置、及び、回転テーブル裝置 (特許 7793567)
      カム裝置 (特許 4898377)
      モータの締結機構及びカム裝置 (特許 7649287)
      カム裝置、及び、工具交換裝置 (特許 4848239)
      モータの締結機構及びカム裝置 (特許 4898174)
      動力伝達裝置及びそれを組込んだ板材送り裝置 (特許 7229380)
      オイルシール付き裝置及びオイルシール (特許 4695868)
      工作用テーブル裝置 (特許 4644476)
      傾斜回転テーブル裝置 (特許 4538292)
      著脫式モータ (特許 4411140)
      工作機械 (特許 4423099)
      運動変換裝置およびそれを組込んだ材料送り裝置 (特許 4628738)
      著脫式モータ (特許 4411140)
      グリッパフィード (特許 4384537)
      カム式グリッパフィード(グリップパラメータ) (特許 4494857)
      カム式送り裝置のリリースタイミング調整裝置 (特許 4494867)
      カム裝置を用いたピック&プレース裝置 (特許 4512236)
      ハウジング揺動式カム裝置、及びこれを用いたワークシフター (特許 4634577)
      カム裝置 (特許 4634575)
      カムフォロアの取付構造 (特許 4384751)
      カムフォロアの固定構造 (特許 4603643)
      機械式プレス裝置 (特許 4233683)
      トルク補償裝置 (特許 4084477)
      流體圧回路の圧損補償裝置およびこれを備えたカム裝置 (特許 5943860)
      変動トルク相殺裝置 (特許 3799123)
      2次元運動生成裝置 (特許 3884803)
      上下開閉カバーの落下防止安全裝置 (特許 3752305)
      変動トルクを平素化する裝置 (特許 3907742)
      メカニカルハンドを備えた間欠割出し裝置 (特許 3471452)
      コイル材供給裝置の支持裝置 (特許 5413304)

      他 特許取得數580件(2017年1月現在)

      top
      国产高潮流白浆免费观看
      <td id="sk59b"></td>

      <big id="sk59b"><strike id="sk59b"><ol id="sk59b"></ol></strike></big>